音聞山保育園

保育方針

保育の理念

乳幼児室及び大ホール(新築)心情・意欲・態度を育てることをめざしております。

園という環境の中で保育者のゆきとどいた養護の下、一人ひとりの子どもが自分なりの豊かな基盤をつくるために、心情・意欲・態度を育てることをめざしております。

  1. 心も体も強い子ども
  2. ことばで自分を表現したり、相手の言葉の聞ける子ども
  3. 友だちと仲よく遊べる子ども(思いやり、人の痛みがわかる)
  4. 感性の豊かな子ども

保育の方針

一日の生活時間の大半をすごす子どもたち。保育現場では家庭の役割の一端をになうことになります。
一人ひとりをしっかり把握して保育にあたります。